ホーム > 日本金型工業会について > 金型工業会のあゆみ

金型工業会のあゆみ

1957年(昭和32年)11月 金型製造業者の全国組織「日本金型工業会」設立
1959年(昭和34年)12月 日本金型輸出(株)(現:日本金型産業(株))を設立
金型輸出の振興を図る
1965年(昭和40年)4月 中小企業近代化促進法の指定業種となる。
金型の実績調査を行い報告書を作成(昭和41年5月)
1967年(昭和42年)11月 創立10周年記念式典を東京・機械振興会館で挙行
1969年(昭和44年)5月 東日本金型工業厚生年金基金設立
(その後発展拡大され、日本金型工業厚生年金基金として全国組織となる)
1970年(昭和45年)9月 中部支部より欧州視察団を派遣
欧州の金型状況を視察
1971年(昭和46年)5月 東京金型工業健康保健組合設立
(当初は東京都内の金型製造業者を主体としていたが、その後東部金型工業健康保健組合として関東、甲信越と静岡に地域が拡大される)
1972年(昭和47年)2月 会員116社の協賛出資により共同事業会社として日本金型共同部品(株)(現:日本金型部品工業(株))を設立。金型部品の共同生産を推進
4月 第4回金型国際会議(ワシントン開催)に日本金型工業会はオブザーバーとして出席
1973年(昭和48年)11月 米国金型工業視察団派遣
シカゴを主体に金型業界を視察
1974年(昭和49年)9月 ISTMA(国際金型協会)に加盟 第1回の国際大会(ベルギー開催)に、初めて工業会代表が出席
 11月 第1回「金型の日」記念行事を東京・機械振興会館で開催。以後11月25日を創立記念日と制定し毎年同会館にて記念行事を開催
1977年(昭和52年)11月 創立20周年記念式典を東京・機械振興会館で挙行
1980年(昭和55年)1月 ISTA標準化委員会(スイス開催)に初めて委員を派遣。規格の国際化に対応
4月 西部支部が大阪で第1回「金型経営大学」開校。 以後隔年毎に大阪で開校
1985年(昭和60年)9月 「日本金型工業会国際技術フォーラム」を東京・機械振興会館で開催。総入場社数1,033名にのぼる
10月 5ヵ年分の金型需要予測を実施し、報告書を作成
1986年(昭和61年)4月 CAD/CAMシステム技術交流視察団を米国に派遣。技術交流を深めた
1987年(昭和62年)1月 金型調達動向調査を実施し報告書を作成、会員に配布
11月 創立30周年記念式典を東京・キャピトル東急ホテルで挙行
1988年(昭和63年)10月 金型及び金属プレスを対象とした「海外貿易会議」が通商産業省の主催によりシンガポールで開催され工業会から代表が出席
1989年(平成元年)5月 5ヵ年分の金型需要見通しを実施し、報告書を作成
6月 中部支部が第1回FA総合展を名古屋で開催(日刊工業新聞社と共催)。以後毎年名古屋で開催
1990年(平成2年)3月 第1回国際金型及び金属加工技術展(インターモールド・ジャパン90)を大阪で当工業会、日本経済新聞社並びにテレビ大阪の主催により開催。 以後、毎年東京と大阪で交互に開催
  第1回アジア金型協議会を大阪ロイヤルホテルで開催
当工業会他5カ国によりアジア金型協会(仮称)の設立について話し合われた
1991年(平成3年)4月 ISTMA理事会を初めて日本(箱根ホテル小涌園)で開催。12カ国から理事が参加
12月 金型を対象とした「海外貿易会議」が通商産業省の主催によりタイで開催。工業会から代表が出席
1992年(平成4年)9月 アジア金型工業会協議会(FADMA)が、日本を含むアジア6カ国により設立。第1回大会がシンガポールに於いて開催され、工業会から代表が出席 現在10カ国が加盟
1994年(平成6年)7月 工業会組織を社団法人に改組
1995年(平成7年)9月 中小企業近代化促進法に基づく指定業種・特定業種の政令指定を受ける
1996年(平成8年)4月 第1回金型経営大学を開講し、24講座の講義を1年間に亙り実施
1997年(平成9年)6月 金型製造業の中小企業構造改善計画の承認(5年間)
8月 金型製造業産業雇用高度化推進委託事業を開始(3年間)
1998年(平成10年)8月 ものづくり試作開発支援センター整備事業の実施
1999年(平成11年)4月 ISO規格との整合性に伴う金型関連JIS規格原案作成改訂事業を実施(3年事業)
7月 ISTMA理事会を京都国際ホテルで開催
2000年(平成12年)3月 FADMA総会(シンガポール開催)に日本金型工業会は、視察団を組織して参加
2001年(平成13年)5月 金型製造業産業別高齢者雇用推進ガイドライン策定事業を実施
  ISTMA総会(シカゴ開催)に日本金型工業会は視察団を組織して参加
2002年(平成14年)1月 タイ国で開催されたFADMA事務局会議に(社)日本金型工業会が参加(7カ国が参加)
3月 経済産業省の総合開発計画調査事業により日本金型工業会は中国へ金型業界視察団を派遣
11月 経済産業省のアジア産業基盤強化等事業により日本金型工業会はマレーシア・タイへ金型業界視察団を派遣
2003年(平成15年)11月 「第1回日韓金型フォーラム」を韓国国立ソウル産業大学校に於いて開催
2004年(平成16年)4月 「第2回日韓金型フォーラム」を大阪コスモスクエア国際交流センターに於いて開催
5月 ISTMA国際大会(バンコク開催)に日本金型工業会は、視察団を組織して参加
11月 中国・大連市に金型事情視察団を組織し派遣
  社団法人化10周年(創立48周年)記念式典を東京・キャピトル東急ホテルで挙行
2005年(平成17年)1月 (財)産業研究所からの委託事業「金型製造業の技術力の内外比較に関する調査研究事業」により韓国及び中国・上海に調査団を派遣
9月 中国・上海市に金型事情視察団を組織し派遣
上海市模具(金型)行業協会主催の金型関連展示会を視察し、相互に主催する展示会への協力合意書を締結
11月 「第3回日韓金型フォーラム」を韓国ソウル市に於いて開催
  ユーロモールド視察・チェコ・ドイツ金型事情視察団派遣
2006年(平成18年)11月 「第4回日韓金型フォーラム」をメルパルクTOKYOで開催
2007年(平成19年)3月 中国・西安市金型事情視察団を派遣
10月 ドイツK展示会視察団を派遣
11月 「第5回日韓金型フォーラム」を韓国ソウル市で開催
2008年(平成21年)2月 フィリピン金型事情視察団を派遣
3月 北九州市・長崎市金型事情視察を行う
11月 ベトナム金型事情視察団を派遣
2009年(平成21年)4月 「第1回日中韓大学金型グランプリ」をインターモールド2009内で開催
2010年(平成22年)4月 第2回 日・中・韓大学金型グランプリをインターモールド2010内
【インテックス大阪】にて開催
5月 中国・ハルビン市、大連市に金型事情視察団を派遣
11月 インドネシアに視察団を派遣しビジネスマッチングを行う
2011年(平成23年)5月 中国・上海近郊地区に進出している会員企業視察を行う
9月 第3回 学生金型グランプリをメカトロテック2011内
【ポートメッセ名古屋】にて開催
2012年(平成24年)2月 インドネシアに視察団を派遣し第2回目のビジネスマッチングを行う
4月 日本で初めてFADMA総会と講演会をホテルハイアット・リージェンシー大阪で開催 日本を含む10カ国が参加
  第4回 学生金型グランプリをインターモールド2012内
【インテックス大阪】にて開催
2013年(平成25年)4月 一般社団法人日本金型工業会へ移行認可
  第5回 学生金型グランプリをインターモールド2013内
【東京ビッグサイト】にて開催
11月 2013年11月18日~21日にイリノイ州シカゴで行われたアメリカ金属加工展示会へ出展
▲ ページの先頭へ
JAPANブランド金型ジャパンブランドを海外に発信します(英語)
統計データ
官公庁からのお知らせ
金型関連資料
書籍案内
日本金型工業会について
団体概要
工業会のあゆみ
組織図
役員名簿
役員規定
定款
事業活動
会員一覧
入会案内
事務所所在地
工業会スケジュール
金型技術情報室
海外地区会会員専用
金型って何?
金型メール通信 メールマガジン登録
セミナー・展示会情報

東部支部天青会
中部支部イーグル会
西部支部型青会
お問合せ一般社団法人日本金型工業会
東京都文京区湯島2-33-12
TEL:03-5816-5911
FAX:03-5816-5913
E-mail:
金型目安箱みなさまのご意見を受付けます ≫